不動産の売却

住宅ローンが返せない場合

案内

マイホームの購入は多くの人にとって人生で最も高額な買い物になるといわれています。そのため、住宅ローンを組んで購入することが一般的です。住宅ローンは長期間かつ高額なローンとなることが一般的であるため、何らかの状況の変化によって途中で返済が滞ってしまうリスクも少なくないといわれています。具体的な事例としては、リストラや転職などによる収入の大幅な減少、夫婦共稼ぎを前提に購入したものの離婚してしまったようなケースなどが挙げられます。住宅ローンを組むにあたっては金融機関側は対象の不動産に抵当権をつけることが一般的なため、ローンの返済が滞ると不動産を競売にかけて債権の回収を図ることとなります。しかし、裁判所の競売価格は比較的低めに設定される傾向があるため、競売の前に自分で買い手を見つける任意売却を行った方がよいケースもあります。

不動産の売却方法

東京などの都市部では中古マンションに対する需要も高いため、場所や物件によっては高値で売れるケースもあります。日本全体は人口が減少傾向にありますが、東京はまだまだ人口も増加傾向にあるからです。また、2020年の東京五輪に向けての需要増も期待されています。任意売却の実施にあたっては事前に債権者である金融機関と協議して行う必要があります。また、個人で身内や知人等の売却先を探すことが出来ない場合、任意売却の実績豊富な不動産屋に仲介を依頼することも必要となります。東京などの都市部では任意売却等の経験豊富な不動産屋も多いため、複数の会社に査定を依頼するという手法もあります。金融機関が認めた一定の期限内に任意売却が成立しないと強制的に競売手続きとなることが一般的なため、早めに手続きを進めることが重要になります。

不動産売却とその工夫

案内

マンションの売却においては、できるだけ高額で売却したいことが通常である。その際、高額で売却するためには、まずは査定額を高く見積もってもらうことが重要になる。その為には、できるだけ状態を良く見せることがポイントになる。

今が売りどき

不動産

マンションを売りたいと思ったら、早めに売買手続きを任せる不動産会社を探すようにしましょう。今後のことを考え、売りたいと思っているのであれば、中古マンションも人気がある内に、早めに決断するべきであると言えます。

色々と調べてみましょう

不動産

マンションは非常に人気のある住宅です。中古マンションの人気も大変高くなっていますから、マンションを売却する際にも高値で売却する事も可能です。まずは周囲の相場などを調べて、なるべく高値で売却する努力をしましょう。